スポーツ鬼ごっこ

HOME | スポーツ鬼ごっこ | スポーツ鬼ごっこ

SPORTS ONIGOKKO

スポーツ鬼ごっこ

スポーツ鬼ごっこは、遊びの王様「鬼ごっこ」を、時代に合わせて新しく開発した鬼ごっこです。スポーツ競技でありながらも、遊びやゲームの要素を共存させた鬼ごっこであることをコンセプトとしています。
スポーツ鬼ごっこは、誰もが気軽に楽しむことができるので、からだを動かすことが、みんな楽しくなります。

スポーツ鬼ごっこ
オフィシャルサイト

スポーツ鬼ごっこについての詳しい情報は、オフィシャルサイトをご覧ください。
 
公式サイトはこちら

■コンセプト

スポーツ鬼ごっこは、スポーツでありながら競技と遊びの要素を共存させたスポーツであることをコンセプトとしています。スポーツや遊びの双方の良いポイントを踏まえて、鬼ごっこ協会がオリジナルで開発しました。


■競技の目的

①青少年の健全育成と基礎体力の向上

「鬼ごっこ」を通じて、外で遊ぶことの大切さを伝え、明るく元気で、健康的な心身づくりを行います。また、全身運動を通じての基礎体力の向上を図ります。

②コミュニケーション能力・チームワークの向上

年齢や性別に関係なく楽しむことができます。チーム内で声を掛け合い、チームで一緒に戦術を考える中で、コミュニケーションが生まれます。

③運動が苦手な子どもや大人のためにスポーツの場を提供

運動神経の有無にかかわらず、みんなで一緒に楽しさを共有することができます。運動する機会の少ない子どもも大人も気軽にすぐに参加できます。

④子ども達の考える力・創造力・想像力を鍛える。

あくまでもスポーツという位置づけの「鬼ごっこ」です。スポーツということは必然的に勝ち負けが付きます。そうなれば、どうすれば「勝てるのか?」をチームメイトと一緒に考える中で、考える力・創造力・想像力を鍛えることができます。


■公式ルール動画

撮影協力:アスとれ総合型クラブ
動画制作:株式会社アミカ企画
企画監修:一般社団法人鬼ごっこ協会

■競技の特徴

①気軽にできること
②みんなでできること
 
スポーツ鬼ごっこは、老若男女が誰もが気軽に楽しく取り組めるように作られています。スポーツをすることで得ることができる喜びを、多くの方に感じてもらえることを目指しております。


■公式ルール

①時間内にトレジャー(宝)を多くハント(獲得)したチームが勝ちとなる。
②相手のトレジャーを取りに行きながら、自陣の宝を守る。
③タッチする時は、必ず両手でしっかりとタッチする。
④Tサークルの内側には守りの選手は入ってはいけない。
⑤センターラインを越えて敵陣に入り、相手にタッチされたら自陣のSエリアに戻れば、再スタートすることができる。
⑥敵陣のSエリアに入ると相手からタッチをされない。
⑦タッチする時に、押したり、叩いたり、危険な行為はしてはいけない。

■試合時間
5分間×2(ハーフタイム2分間)
■フィールドプレイヤー数
7人制
(1チーム10~12名編成)
■審判員
主審1名・副審2名・スコアラー1名・(第2主審)
※上記以外の詳細の公式ルールは、公式ルールブックに掲載されています。
※詳細ルールについては、ライセンス研修会にてお伝えしています。
■試合時間
5分間×2(ハーフタイム2分間)
■フィールドプレイヤー数
7人制
(1チーム10~12名編成)
■審判員
主審1名・副審2名・スコアラー1名・(第2主審)
※上記以外の詳細の公式ルールは、公式ルールブックに掲載されています。
※詳細ルールについては、ライセンス研修会にてお伝えしています。


■公式ルールBOOK

スポーツ鬼ごっこ公式ルール
オフィシャルBOOK

スポーツ鬼ごっこ公式ルールBOOKは、公認指導員・審判員ライセンスを取得された方のみに原則として配布しております。一般販売は行っておりません。
 
詳しくはこちら


■導入方法

①鬼ごっこ協会より認定講師をイベント・大会へ派遣(講師費用がかかります)
②ライセンスのご取得(1コートにつき3名)
※協会より認定講師の依頼ではなく、ご自身において導入され実施されたい場合は、公認ライセンス(鬼ごっこ協会認定の民間資格)を原則として必ず取得をお願いします。


■知的財産権(商標権)

「スポーツ鬼ごっこ」は、(一社)鬼ごっこ協会において特許庁より商標登録(登録第5636396号)を取得しております。営利活動、非営利活動、公共活動を問わず、「スポーツ鬼ごっこ」のご活用をご検討いただけましたら、事前に弊社までお問い合わせください。