『Sports For All』の理念に基づいた新しいスポーツ

世代や性別を超えて、みんなで楽しむことができます。

スポーツ鬼ごっこは、いろいろな身体を動かすスポーツの原点に近いものです。最も特徴的なところは、世代や性別を超えて、運動神経の善し悪しも関係なく、誰もが楽しめるスポーツであるということです。しかも、戦略性や戦術に富み、ハイレベルな競技選手の要望も叶えることができます。道具をあまり使わないので、ストレスを感じずに自由に体を動かせて、ヨコやタテのフットワークや、タッチされないように柔軟によけたり、人とぶつからないように走ったりと、多様な動きをすることになります。チームスポーツでのトレーニングへの活用も考えられます。

体育の授業、お昼休み中休み、学校レク、放課後プログラムなどへ導入

みんなが大好き、遊びの王様「鬼ごっこ」の魅力

子ども達のコミュニケーション力、創意工夫の力、運動能力を楽しく身に付けられるのが「スポーツ鬼ごっこ」の魅力です。チーム戦で対戦型で行うことで、チームワークの大切さや自ら意見を言うことの重要性を学ぶことができます。加えて、運動が苦手でも、性別にも関係なく、みんなで遊ぶことができます。

地域の資源を生かして、多世代が交流できるまちづくり

幼児からお年寄りまで、誰もが親しめるのが「鬼ごっこ」の魅力

地域に共通にある財産(人、もの、こと)を掘り起こし、文化的財産、人的財産を活用した鬼ごっこイベントの実施。鬼ごっこイベントを開催することで、未来への継承を担う子ども達や、若い世代の両親、更には昔懐かしさに引かれてお年寄りまでも参加されるので、より地域の活性化のためによい結果をもたらします。

事例:神奈県相模原市「津久井湖城山公園」
『戦国陣取り鬼ごっこ大会』の資料映像

国際機関、大使館、インターナショナルスクールなどで導入

スポーツ鬼ごっこは世界の方々にも大人気

国際交流のコミュニケーションの手段として鬼ごっこを活用することで、言葉とは違う心身のつながりを感じる交流をすることができます。これまで、国際機関や大使館のイベントやインタナショナルスクールの授業で導入されたことがあります。

事例:鬼ごっこでスウェーデン人とした鬼ごっこの資料映像です。

イベント、プロモーション、施設活用、CSR、人材育成、プログラム共同開発

「鬼ごっこ」を生かした様々な企画プロデュースを行います。

鬼ごっこは、世代や性別、地域を超えたコミュニケーションを生み出します。チームワークを学び、机上だけでなく、実際に身体を動かして体で感じることで、様々な価値を生み出します。

コミュニケーション、チームワーク、スキンシップ

和気あいあいとスポーツを通した健全な出会いが生まれます

婚活や合コンのイベントとしても、鬼ごっこを活用しています。自然なコミュニケーションを促して、みんなで一体感を持てるイベントになります。トークだけでなく、触れ合う事を重視した内容にしています。

事例:鬼ごっこ婚活の紹介映像です。

■導入方法は2つあります

1、鬼ごっこ協会より認定講師をイベント・大会へ派遣(講師費用がかかります)
2、ライセンスのご取得(1コートにつき3名)
※協会より認定講師の依頼ではなく、ご自身において導入され実施されたい場合は、公認ライセンス(鬼ごっこ協会認定の民間資格)を原則として必ず取得をお願いします。

■商標権(知的財産権)について

「スポーツ鬼ごっこ」は、(一社)鬼ごっこ協会において特許庁より商標登録(登録第5636396号)を取得しております。営利活動、非営利活動、公共活動を問わず、「スポーツ鬼ごっこ」のご活用をご検討いただけましたら、事前に弊社までお問い合わせください。