スポーツ・運動の留意点

HOME | スポーツ・運動の留意点

TOPIX

重点情報

スポーツ関係の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインについて

スポーツ庁のページへリンク

基本的には、スポーツ庁(文部科学省)の発表されている最新発表に順守して、スポーツ活動を行って頂ければと考えております。詳しくは、下記のリンク先からご確認ください。
 
詳しくはこちら


スポーツ・運動の留意点

一般社団法人鬼ごっこ協会からのお願い
スポーツ庁発表を踏まえて

日ごろから、鬼ごっこ協会の活動にご支援ご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
この度は、スポーツ庁の発信されている情報をもとに、鬼ごっこ協会の取組において、重要と考えられることを、下記の通り留意点を書かせていただきました。
 

1、趣旨

鬼ごっこ協会の活動に参画されている方々は、すでにご留意頂いていることだと思いますが、鬼ごっこをはじめ、スポーツや運動は、身体的及び精神的な健康を維持する上では、大切なことです。 外出の自粛が続き、屋内で過ごす時間が長くなると活動量が低下し、体力の低下、生活習慣病等の発症や生活機能の低下をきたすリスクが高まります。
そのため、スポーツや運動、鬼ごっこをすることは、心と体の健康のためにも有効です。
 
また、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(新型コロナウイルス感染症対策本部決定)においては、外出の自粛の対象とならない外出の例 として、屋外での運動や散歩等が生活の維持に必要なものとして示されています。ただし、感染拡大を防止するための十分な配慮が必要となります。
 

2、運動やスポーツを始める前にすること

■体温の測定

始める前に体温が平熱(個人差がありますが通常は36℃前後)であるか確認し、これより高めの場合は屋外での運動は行わないようにしましょう。
また、体温が37.5℃を超える場合は、運動やスポーツのために外出しないようにしましょう。
各団体やクラブにおいて、非接触型の体温計を準備できる指導員の方は、受付時に当日に体温測定を行うなどの対処をお願いします。
 

■体調の確認

以下の症状があるか確認し、一つでも当てはまる場合には、屋外での運動は行わないようにしましょう。
咳(せき)、のどの痛みなど風邪の症状
だるさ(倦怠(けんたい)感)、息苦しさ(呼吸困難)
においや、味がいつもと違う(嗅覚や味覚の異常)
その他(体が重く感じる、疲れやすい等)
 

3、感染予防のための基本的な対応

■手洗いの実施

こまめな手洗いを徹底してください。
運動やスポーツをする際には、汗をかいたりして、タオルで顔を拭くことがありますが、その際に手が顔(特に口)に触れたりすることも考えられます。
ですので、屋外から帰宅した場合だけでなく、出かける前や、途中で一休みする際にも手洗いを行いましょう。
 

■マスクの着用

屋外でも人が多いところを避け、三つの密(密閉、密集、密接)のいずれかに該当する場所を極力避けるようにお願いします。
また、スポーツ鬼ごっこを初め、他の鬼ごっこ、運動やスポーツを行う上で支障がある場合を除き、できるだけマスクの着用をお願いします。
 

4、その他の留意点

高齢者、基礎疾患のある方々等については、重症化リスクの高い高齢者、基礎疾患等のある人については、運動やスポーツを行う前に、かかりつけ医にご相談していただくことが適当です。
特にマスクを着けて運動やスポーツをする場合には、マスクをしないときに比べて 身体への負荷が著しく大きくなる可能性がありますので、かかりつけ医の意見を踏まえ、無理のないよう健康安全を第一にお願いします。
 
 

※参考資料

スポーツ庁による「新型コロナウイルス感染症の拡大防止と運動・スポーツ の実施について(令和2年427日)」の資料を参照の上、作成しました。
 

2020年5月16日
一般社団法人鬼ごっこ協会